factoring

ファクタリングサービスで運転資金を調達して自転車操業からの脱却を

経理担当は突然の電話で戸惑うことも!売掛先への連絡必須!

売掛金を売買譲渡するファクタリングは、2社間または3社間のどちらかで契約する必要があります。2社間のファクタリングは、売掛先が関わることがなく、自社とファクタリング会社の手続きで済みます。
一方、3社間ファクタリングともなると、売掛先への連絡が行われるものの、突然ファクタリング会社から電話での連絡があり、売掛先の経理担当が戸惑うこともあります。取引もなく、名前も知らない会社から取引先との契約が知られていると不安です。先ず、詐欺や悪徳会社と疑ってしまうこともあり、自社に問い合わせすることもあり得ます。ここで事実確認が行われた場合、事前連絡が無いことが後々の取引に影響するリスクが生じてしまうため、ファクタリングを利用する際は、ファクタリング会社から連絡があること、どのようなファクタリング会社なのかは最低限の情報として、営業窓口を通じて連絡するのがビジネスマナーと言えます。
企業における支払業務は日常的に多く、債権の取り扱いを行う会社の場合、振込手続きのミスや漏れがあり、入金出来なかったということに注意しています。自社の資金調達を優先するだけでなく、相手先での手続きが円滑に進むようにすること、不安を与えないようにするなどの配慮が重要です。

トピックス

サブメニュー

このページのトップへ