factoring

ファクタリングサービスで運転資金を調達して自転車操業からの脱却を

ファクタリングできる売掛金とはどういうものか

中小企業の経営者として働きはじめると、頭を悩ませるのが資金調達ではないでしょうか。大企業ならちょっとした損失でも体力がありますから立て直せますが、小規模な会社はたった一度でも屋台骨が傾きかねません。そういう状況になった時、銀行に泣きついても、必ず融資が受けられるとは限りません。銀行としても、きちんと返せない相手には融資をしたくないからです。
そんな時、中小企業経営者を助けてくれるのが、ファクタリングサービスです。これは簡単に言うと、売掛金の買い取りサービスのことです。ファクタリング会社は先々回収できる売掛金を譲渡してもらうことと、依頼主から手数料を受け取ることでビジネスが成立しています。ファクタリングは債権として記録に残らない、即日資金提供してもらえるなど、メリットがたくさんあるのですが、もちろんどんな売掛金でも良いというわけではありません。
当たり前の話ですが、対象になっている会社が業績的にやや不透明な部分があると、ファクタリング会社はリスクを背負うことになりますから、取り扱ってくれません。また、きちんとした契約書類が残っていないときも、同様に回収できるかどうか不安材料がありますから、これも断られます。しかしこれを裏返せば、きちんとした書類さえ残っていれば、何も問題はありません。

トピックス

サブメニュー

このページのトップへ